株式会社ヱビス商会

沿革 | 株式会社ヱビス商会 | 山口県宇部市にある設備機材総合商社

沿革 HISTORY

沿革

1956年5月 蛭子壽男が資本金50万円にて株式会社ヱビス商会を創立し、炭鉱向けリンクチェーン並びに化学工場向け耐熱合金、耐熱ポンプ、バルブの販売を始める。
1962年1月 資本金を200万円に増資して、倉庫を新築し水道、ガス及び冷暖房の配管機材の販売を本格的に始める。
1962年3月 資本金を500万円に増資して、宇部新川駅前にヱビスビルを建設し、貸ビル業務を兼業。
1965年1月 蛭子壽男死去により、蛭子俊成が代表取締役に就任する。
1966年5月 山口県宇部市小串島に第三倉庫を増設する。
1968年7月 資本金を750万円に増資する。
1969年10月 資本金を1,250万円に増資する。
1970年4月 山口県宇部市東平原に土地2,795㎡を購入し、新社屋を建設、本社を当地に移転する。
1972年10月 資本金を2,300万円に増資する。
1973年3月 本社隣接地の782㎡を買増し、鋼管専用倉庫及び一般物品倉庫を増設拡張し、衛生陶器等の住宅設備機器の販売を始める。
1975年9月 資本金を3,750万円に増資する。
1981年10月 資本金を4,950万円に増資する。
1982年5月 山口営業所を開設する。
1986年10月 山口県宇部市厚南地区に倉庫付土地700㎡を購入し、厚南倉庫とする。
1990年12月 本社前に第二倉庫用地1,946㎡を購入する。
1991年3月 山口県に厚南倉庫を売却する。
1992年3月 文京町倉庫、事務所増設。
1998年9月 山口営業所資材置場増設。
2004年12月 蛭子俊成死去により、蛭子俊典が代表取締役に就任する。
2006年5月 5月15日にて創業50年を迎える。
2008年4月 蛭子健太郎が代表取締役に就任する。
取扱い商品の多様化から、配管機材センターから設備総合商社とする。
2009年3月 山口県宇部市西平原に土地504㎡を購入し、資材置場とする。
2011年3月 資本金を5,000万円に増資する。
2012年3月 建設業許可取得(山口県知事許可(般-23)第20938号)。
2019年9月 下関営業所を開設する。