株式会社ヱビス商会

トップメッセージ | 株式会社ヱビス商会 | 山口県宇部市にある設備機材総合商社

トップメッセージ MESSAGE

株式会社ヱビス商会 代表取締役 蛭子 健太郎

経営理念

先義後利。誠実さを持って、取引先の利益改善と向上を図り、地域の発展に貢献する。
社員の能力開発と生活福祉の向上に努め、会社の発展と一人一人の幸せとの一致をはかる。

代表挨拶

光の届かないパイプの中を流体(水、蒸気、ガス等)が力強く流れている。これが弊社の社章イメージです。

一度設置したらトラブルが起こらない限り50年近くほったらかしにされるパイプですが、地面の下で、パイプシャフトの中で、床下で、皆さんの本当に身近なところで、安心、安全、清潔、また企業の競争力を維持し続けるのに不可欠です。
パイプの中を流体が力強く流れることは当たり前のことですが、大きな社会的枠組みと多くの人の労力が必要です。
弊社はその枠組みの一つである、管材設備機器の卸業を担う会社です。

インフラの老朽化や労働者不足等により当たり前を維持継続していくことは困難になりつつあります。特に労働者不足は深刻で作業の効率化を図ることが強く求められております。
プラント工事、建設工事、土木工事における物流のラストワンマイルを担う企業として、ジャストインタイムの配達により、現場のロスを減らし、より労働者の助けになる組織を目指しております。

社会全体の利益に資する

1956年、創業者蛭子壽男は、“先義後利”を企業理念として掲げました。
「義を最優先とする。義とは社会全体の利益である。企業の利益はその後とする。
社会全体の利益に資してこそ、株式会社ヱビス商会は社会に存在する価値がある。」

地域の安心、安全、清潔、また発展に弊社が貢献するためには、得意先様、仕入先様との協力関係が必要です。
したがって、得意先様、仕入先様に貢献してはじめて弊社の“義”は成り立つのです。

「人定まれば天に勝ち、志一なれば気を動かす」菜根譚

志一なればどんな困難も乗り越えられます。弊社の志である”先義後利“とは何かを常に見極め、今まで以上に貢献できる企業となることができるよう誠心誠意邁進してまいります。

株式会社ヱビス商会
代表取締役 蛭子 健太郎